« 等待飄雪花的日子 | トップページ | 皮秒激光去斑 許你一個嫩白無痕的肌膚 »

2016年7月19日 (火)

組みながら目を

えっ、マジですか。五人は必要です」
「そんなに入れたら採算が合わん。例の賠償金を捻り出さんといかんからな。お前が三倍働けば三人で十分だ!」
 真顔で目を据えながら、オヤジは前に乗り出した。
 美奈子は顔を崩し、泣きが入った。
「そんな~、私が捻り出すのですか?」
「当たり前だろう!」
 オヤジは扇子で机を叩いたTEOSYAL 黑眼圈
 顔を顰めながら美奈子は少し考え込むと、笑顔で話し出した。
「直樹くんを戻してもらえませんか? 彼ならばゲームコンテンツは得意だし、何とかなると思います」
「それは出来ん! 一度クビにした人間を戻すなんて会社のメンツが立たない」
 渋い顔で、オヤジは首を横に振った。
 美奈子は両手で強く机を叩きながら身を前に乗り出した。
「会社のメンツより、仕事優先です! 五人体制にするか、直樹くんを戻すか、どちらかに決断して下さい!」
「分かった分かった。まあ、落ちつけ。連絡はしてみよう。だが、二ヶ月も立っているから、ヤツも別の会社で仕事をしているだろう」
 オヤジは両手で美奈子の体を押し返すまねをし、渋々と首を縦に振った。受話器を取りながら直樹の自宅の番号を押した。
「おい、通じんぞ。『お客様のお掛けになった電話番号は現在使われておりません』とよ!」
「きっと福島よ。実家に帰ったのだわ」
 美奈子は少し考え込んでデートをしたときの言葉を思い出した天然貓糧比較
 オヤジは後ろの棚からファイルを取り出した。パラパラとめくり、直樹の履歴書を見つけると、直樹の実家へ電話を掛けた。
「ムーンライト・クリエイションの吉村と申します。村田直樹くんをお願いしたいのですが」
 何故か、オヤジの顔から血の気が引き出した。顔が固まったようで、少し涙目になっていた。
「申し訳ありません。それでは失礼します」
 オヤジは静に受話器を置き、腕を瞑っている。暫く沈黙の時が流れた。漸くオヤジは目を開き、ゆっくりと口を動かした。
「村田はダメだ。二ヶ月前、バイクの事故で亡くなった」
 美奈子は背筋が寒くなり、喉が凍りつきそうになった。お台場の砂浜で、不器用なチークを踊った思い出が自然と頭の中を通り過ぎる。パソコン脇のペン立てに残された直樹の青い蛍光ペンが、寂しそうに美奈子を見つめるようだった。もう少し優しくしてあげれば良かったと、涙を流しながら窓ガラスを見つめ、美奈子は静に唇を噛み締めた收細毛孔

« 等待飄雪花的日子 | トップページ | 皮秒激光去斑 許你一個嫩白無痕的肌膚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組みながら目を:

« 等待飄雪花的日子 | トップページ | 皮秒激光去斑 許你一個嫩白無痕的肌膚 »